記事の詳細

窃盗と横領は似ているようで違いますので、その違いについて理解しておきましょう。

窃盗とは他人が専有している所有物を盗む事であり、物の所有者に関係なく物理的な支配を侵害すると窃盗罪が成立するのです。

横領とは自分が専有している他人の所有物を、不法に相手の物を横取りする事であり、他人から預かっている物を自分の物にしたら横領罪が成立するのです。

例えば、友達の家にある物を勝手に持って帰ったら窃盗になりますし、それを借りパクした場合には横領が該当するのだそうです。

借りた物が帰って来なかったから、貸した人が借りた人から勝手に持ち出した場合には窃盗が該当すると言われていますよ。

他人に窃盗された物を取り返したいなら、所有権の侵害として裁判をして、返還請求するのがオススメです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る