記事の詳細

司法書士は普段どんな仕事をしているのか、どんな役割があるのか知っていますか?

司法書士の仕事は、不動産登記など登記の業務から相続に関する業務、裁判に関係した業務やその他の仕事という身の回りの契約に関する仕事がメインなのです。

弁護士と違うのは、司法書士は争いを未然に防ぐための仕事をしていると言えるでしょう。

一般の人が司法書士に直接依頼するよりも、銀行や不動産会社が司法書士を用意してくれるケースが多いのだそうです。

司法書士だけで完結せず、他の専門家と連携する事も多いと言われていますよ。

個人ではなく司法書士の法人で活動しているところも多いという事ですし、司法書士によって業務の内容は異なるという事ですから、気になる方は確認してみてはいかがでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る