過去の記事一覧

  • 懲戒処分の種類

    会社が労働者に対して行なえる懲戒処分には、減給や降格などのいくつかの種類があります。 先に種類だけ紹介すると戒告、譴責、減給、降格、出勤停止、諭旨解雇、懲戒解雇が当てはまり、中でも懲戒解雇は最も重い懲戒処分となるのです。 退職金が支払われなかったり、懲戒解雇された経歴があ…

  • 相続した不動産の売却にかかる税金

    一般的な不動産売買でかかる税金は、例えば1,000万円で購入した不動産を1,200万円で売却できた、つまり利益が発生した場合には利益の200万円に対して税金が発生し、800万円で売れて利益も無かった場合には税金が発生しません。 以上のことを踏まえて相続した不動産の売却には税…

  • 司法書士試験の学習を進めていくコツ

    司法書士の勉強は毎日続けていくことが大切ですが、どうしてもやる気の起きない日もあることでしょう。 そうした時に無理に勉強をしても身に付きませんので、たまには適度な息抜きを挟むことも大切です。 また勉強を始めた時はやる気があっても1、2時間勉強をしてると段々やる気が無くなってく…

  • 日常生活で罪になりうる行動とは

    日常生活を普通に生活していると思っていても、知らないうちに罪を犯しているということも考えられますので、日常で役に立つ法律知識について紹介いたします。 自転車でお出かけする機会の多い人で、我が物顔で歩道を走行しているなら気をつける必要があり、歩道で歩行者を轢いてしまった際に罪…

  • 司法書士の魅力

    司法書士は不動産関係の資格でも最難関と言われているだけでなく、法律系の資格としても司法試験に次ぐ難易度の高さとされています。 そこで今回はそんな司法書士の大きな魅力についてご紹介していきたいと思います。 司法書士の業務の代表は、不動産登記などの不況の影響を受けにくい部分で…

  • 司法書士試験に合格する為の勉強法

    司法書士試験の勉強を始めようと考えている方が気になる事は、まずどの程度の勉強時間でどう勉強していけば良いのかということでしょう。 もちろん司法書士試験に限らず、「これだけ勉強すれば必ず合格できる」というものはありませんので、実際に合格した人達はどの程度の勉強時間を確保していたの…

  • 司法書士の年収

    司法書士は資格を取ってもあまり稼げないというような情報がメディアで騒がれている時期もありましたが、それはほんの一握りでしかありません。 司法書士になると殆どの方が独立するのですが、合格直後の3年〜5年程度は勤務として経験を積んで行く方が多く、この時期の月収としては大体20万…

  • 国本司法書士事務所

    債務整理から会社設立、不動産登記、遺言・相続サポートまで、幅広い実績を持つ司法書士が直接相談に乗ってくれる事務所です。 事務所の所長である女性司法書士が対応してくれるため、女性らしい気配りのあるサポートをしてくれると評判となっています。 数年前からは相続・遺言に特化したサ…

  • 司法書士試験と宅建試験

    宅地建物取引主任士、つまり宅建は司法書士試験を受けるにあたりとっておいた方が良い資格になります。 宅建は不動産屋なら持っていて当たり前の資格の1つで、不動産の売買などに役立つ知識を学べます。 司法書士になってからの仕事で不動産の決済を行なうことになると思いますが、この仕事…

  • 司法書士試験の難易度

    弁護士や裁判官、検察官になるためには法曹界の最難関でもある司法試験を受けなければなりませんが、それに次いで難しいと言われているのが司法書士試験です。 合格率は平均3%程度台となっており、例年大きな変化が無いため、この年だけ急激に合格者が少ないということがありません。 また…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る