過去の記事一覧

  • 働く能力があるのにホームレスになると罪にあたる

    軽犯罪法の第一条の四には成形の途がないのに働く能力がありながら定食につく意思をもっておらず、且つ、一定の住居を持たないもので諸方をうろついたものは軽犯罪法にあたると記載されています。 軽犯罪法の浮浪の罪の成立要件としては、成形を立てるための収入が無く、働く能力はある、しかし…

  • NHKの今後について

    放送法64条1項について「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置したものは境界とその放送の受信についての契約をしなければばらない。」とあります。 ですので、テレビなどを家に置いている場合には契約の締結義務が発生します。 実はこの法律について最高裁にかかっている事件…

  • 自宅前の道路ふさぐと逮捕される

    近隣の住民9人と共同で所有する自宅前の指導に大量の植木鉢などをおいて近隣住民の通行を妨害し、堺市西区の夫婦を往来妨害の疑いで逮捕しました。 道路交通法43条にみだりに道路を損傷し、又は汚損してはならない、みだりに道路に土石、竹木などの物件を体積し、その他道路の構造または交通…

  • 家賃を滞納してしまったら

    部屋をかりたが家賃を滞納してしまったといったことや会社で借りていた事務所の家賃を滞納しているといったことが多く有ります。 こういったトラブルに関しては大家さんからの立場になってみると分かりやすいです。 まずは賃貸者契約書といったものがあるかと思います。底には2,3ヶ月家賃…

  • 司法書士の新規顧客の集客方法

    多くの司法書士の先生は稼げていない方も多いといいます。その理由としては多くの顧客が司法書士の先生に何を頼んでいいのかわからないということが原因であると解説されています。 あなたは何ができ居るのかというとこたえることができるのですが、では私に対して何ができるのかと聞きますとこたえ…

  • 鉄道事故の損害賠償金

    徘徊症状のある認知症の男性が電車にはねられてしまい死亡するという事故が過去にあり、それによって鉄道会社は鉄道会社が遺族に対して損害賠償を求めた訴訟によって裁判所は妻に359万円の支払いを命じました。 認知症で要介護の認定をうけていたにも関わらず、その任を怠ったとして損害賠償…

  • 司法書士の資格について

    司法書士の魅力の1つとして1回取りますと大きな問題をおこさなければ一生使うことができます。また女性が企業以上に平等に評価されやすいと解説されています。 昔よりも特なったとはいっても近年でも大手企業で女性の課長が誕生したとニュースになったというくらい女性は上には上がりにくいと…

  • 不動産購入に必要な登記費用

    登記費用については3種類ありまして、不動産を自分のものにする登記、お金を変えるにあたって、不動産を担保にする登記、新築などを立てるときにこういう不動産ができましたという登記などがあります。 どこかに土地があるとしましてAさんからBさんへ所有者が変更になるとしますと所有権の移…

  • 司法書士に向いている人

    司法書士という仕事に向いている人がどんな人なのか気になりますよね。 気になっている方に今回紹介いたしますね。 司法書士はミスが許されない職業のため、真面目にこつこつ積み上げていく作業が好きな人に向いているそうです。争い事が嫌いなんだよという人で、予防法務がマインドな人にも…

  • 相続は無視できる?

    ご家族の方が亡くなられた場合、普通は相続人の方が相続手続きを行ないますが、亡くなられた方とあまり関係が良くなかった等、様々な理由で相続に関わりたくないという方もいらっしゃいます。 しかし、だからといって相続を無視していると、今度は法律上様々な問題が発生してきてしまいます。 …

最近のコメント

    ページ上部へ戻る