記事の詳細

司法書士は試験範囲も非常に広いことからも、難しい資格の一つと言われていますが、その苦労に見合う多くの魅力が存在しています。

まずは報酬面の事ですが、日本司法書士間連合会によると司法書士の年間平均報酬額は約1400万円にもなるそうです。
もちろんそこまで稼げる様になる為には更なる努力が必要ですが、顧客が取れる様になるだけでも安定した高額報酬が期待出来るでしょう。
また司法書士は社会的ニーズの高い登記業務を行なえるので、依頼が絶えることがありません。
登記業務は弁護士でもできますが、実際に業務として行なっているのは殆ど司法書士と言われていますので、これからも求められる事の多い業種の一つであると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る