記事の詳細

知人に貸したお金を何度催促しても返してもらえないというトラブルは珍しくありません。
今回は支払い期限がちゃんと記載された借用書がある場合にお金を中々返してもらえない場合、どうするべきかをご紹介致します。

まず思い浮かぶのが弁護士や司法書士に相談して裁判するという方法ですが、いきなり裁判をしてしまうと場合によっては費用倒れになってしまうこともあります。
そのためまずは借用書や証拠が揃っている場合、自分で裁判手続きを進める事も一つの手として考えてみてください。

またいきなり裁判を起こすのではなく、簡単に行なえる『支払い督促』という手続きもあります。
これはお金の支払いを請求する場合のみに限られる手続きで、相手が住んでいる地域を管轄している簡易裁判所に対して「支払い督促の申立書」を提出します。
すると裁判所から相手方に「支払い督促」という書類が送られるのです。
相手方が異議を申し立てた時は通常の裁判手続きに移り、異議を申し立てなかった時は最終的に支払い催促が通常の裁判手続きで確定した判決と同類の効力を持つ様になりますので、差し押さえ等の強制失効が可能になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る