記事の詳細

一口に解雇と言ってもいくつかの種類が存在しています。
まず解雇とは、会社側の一方的な労働契約の解約のことを指し、従業員にとっては重大な不利益になり得るので、法的に制限が設けられていて簡単に認められるものではありません。

そして解雇には大きく分けて「普通解雇」と「懲戒解雇」の2種類があります。
更に普通解雇には会社都合の解雇となる整理解雇、いわゆるリストラと、従業員の労働能力が不適正だった場合や劣化した場合の解雇が存在します。
一方で懲戒解雇は一番重く、従業員が企業秩序違反をした場合に懲戒処分として言い渡されます。

解雇をする事になってもいきなり今日解雇、という訳にはいかず、少なくとも30日前に予告をする必要があり、それをしない場合には30日分以上の賃金を支払う必要がでてきます。
また従業員から請求を受けた場合には解雇理由証明書の交付を行なわなければなりません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る