記事の詳細

一言に司法書士と言っても、実はその司法書士によって相談出来る事が違う場合があります。
更に司法書士と聞いてもパッと何をお願い出来るのか分からないという方も少なくないでしょう。
そこで今回は基本的な司法書士の仕事についてご紹介致します。

司法書士業務は大きく分けて登記に関する事、裁判に関する事、成年後見に関する事の3つに分けられます。
特に不動産や商業の登記をする登記業務は司法書士の基本の仕事と言えるでしょう。
続いて裁判業務は簡易裁判所、地方裁判所に必要な書類の手続きを行なう業務で、司法書士によっては資格取得後に定められた期間の研修を受けている場合に限り、140万円までの簡易裁判所なら弁護士と同じように携われる場合があります。
最後に成年後見業務は、例えば身内が認知症などが原因で判断能力が失われてしまった場合、被後見人として財産の管理等を行なう業務です。

司法書士は独立系の資格という事から、その司法書士次第でやれる業務というのが変わってきますので、もし依頼する側ならばやって欲しい事と出来る事がマッチしているのかを確認してから話を聞くようにすると安心です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る