記事の詳細

こちらでは司法書士試験に合格するために必要な日程やその時間配分や試験の概要等を解説されています。
試験の科目としては午前では憲法、民法、刑法、会社法、商法が出題され、午後の部では民事訴訟法や民事保全法、不動産登記法などが出題されます。

また記述式という試験もあり、現在の登記記録が情報として与えられ、それを前提としたストーリーがさらに与えられます。そのストーリーに則った登記申請書を司法書士になったつもりで作ってみてくださいといった課題が与えられます。

また、合格者の半数ほどが法学部出身者以外の方ですので、法学部に在学経験がなくても心配なく試験を受けることができます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る