記事の詳細

車を運転していて、子どもが歩いている時に通せんぼをしたり妨害すると違法になると言われていますよ。

子どもは道交法の幼児等通行妨害違反という法律があるので、子どもの近くを走行する際には歩行を妨げないように徐行や一時停止などをしなければならないのです。

もし子どもの通行を妨害したら違反になって、反則金や違反点数が課せられるという事ですから、6歳以上から13歳未満の小学生の側を走行する時には慎重に運転するようにしましょう。

また、子どもだけでなく通学通園バスが停車している場合や、身体障害者の車椅子、視覚障害者が白杖を持っていたり、盲導犬と一緒に通行している場合などにも徐行運転をして安全に運転する必要があるという事なのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る