記事の詳細

日本ではマリファナは大麻取締法で禁止されています。大麻の所持、売買、栽培や輸出入、譲渡、譲受等ほとんどの取り扱いについてが禁止されています。
吸うということは所持という行為ではなく使用という行為になります。

警察はマリファナの使用に対して、現行犯逮捕しかすることができないようです。逮捕状がでていれば現行犯ではなくても逮捕ができますが、証拠が必要です。

健康状態はどうなのかについてこれはいろいろ議論されていますが、基本的にはマリファナの依存性は高くなくコーヒーなどに含まれているカフェイン程度といわれているそうです。
しかし、青年期まではそのリスクは高まってしまうとのコトです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る