記事の詳細

学校の授業では生徒は教師の志津鬼従わなければ鳴らないので、教師は生徒の心身に生じる可能性のある危険を察知し、回避するような措置を摂らなければ鳴らない義務があります。

部活動でも同様であり、生徒の安全にかかわる事故の予見を具体的に予見し、その危険を察知し、事故の発生を未然に防止する必要があります。

教師が注意義務に違反してしまい、生徒が怪我などを負ってしまいますと、民間の学校の場合では教師個人に不法行為に基づく慰謝料などの損害賠償責任が発生してしまう可能性が生じてきます。
学校も債務不履行に基づく損害賠償責任などの責任が発生する可能性があります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る