記事の詳細

飼い主は動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負うとあります。2014年3月7日、香川県高松市の路上で登校中の児童4人が次々とかまれてしまい、2年生の男児が両足と左腕等を噛まれてしまい重傷、現場から逃げ去った中型犬は首輪をしていました。

法律において飼い犬の管理は飼い主の責任とされています。飼い犬が起こした損害賠償責任は飼い主が負う責任があります。

飼い犬がおこしてしまった事件については殺人事件がおきてしまったケースが何件もあります。いずれも高額訴訟で飼い主がその責任を背負わなければなりません。
また、犬が直接被害を起こしたというだけでなく、歩いていた犬をバイクがよけようとして、バイクが転倒してしまい、傷害事件となってしまった事件もあります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る