記事の詳細

従業員にお給料を支払わなかったとして神戸市の会社社長が最低賃金邦違反の疑いで書類送検されたことについての解説です。

最低賃金邦の代4条では使用者は労働者に対して国で決められた最低賃金以上の賃金を支払わなければならないという法があります。
それを犯してしまうと6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

労働基準監察官の立ち入り検査を拒否や妨害したり、嘘をついた場合にも30万円以下の罰金となります。
残業代が不払いの場合には労働者がコレを請求した場合には使用者は残業代にプラスして同額の不可金を支払わなければならなくなる可能性があります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る