記事の詳細

不倫については2種類あると解説されており、男性と女性が結婚をして例として男性が不倫をした場合に女性が請求する場面。
もう1つは男性と不倫した不倫相手に請求する場面のこの2つに慰謝料請求が発生するといわれています。

配偶者に請求する場合には離婚の財産分与えでまとめて生産を行っていく可能性も1つとしてあるということです。こちらの動画では不倫相手に損害賠償請求をする場合を想定しています。

慰謝料の算定の考慮は様々な基準が設けられており、婚姻期間、婚姻関係が破綻してしまったかそうではないか、婚姻生活の状況なども判断して慰謝料を判断していきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る