記事の詳細

自宅療養中の姿を隠し撮りした写真を週刊誌に掲載したのはプライバシーの侵害をしたとして歌手の方が発行元とフリーカメラマンの男性に対して損害賠償請求をおこなったということです。

東京地裁は編集者は違法性を認識したうえで掲載し、会社も容認したとして被害者の精神的被害は時代で歌手としてのイメージも害したとして同社とカメラマンに計550万円の支払いを命じました。

現在は47都道府県それぞれで迷惑防止条例が定められており、この中で卑猥な行為や粗暴な行為として盗撮を禁止しています。しかし全国の約1/3が盗撮を禁止する場所が道路や公園など不特定多数の人が出入りする場所に限られています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る