記事の詳細

自転車で人にケガをさせたときに損害賠償金等が保証される自転車保険の契約件数が2015年の時点では2014年に比べて2倍のペースで伸びています。

コレまでは自動車保険や火災保険の特約が主流であった自転車の賠償責任保険であり、近年では最大補償額2億円のプランなどもあり、事故の相手への賠償だけでなく自分がケガをしたときに保障や自転車以外の交通事故や日常生活でモノを壊した際の賠償保障などもついているのが特徴となっています。

マウンテンバイクで走行中に60代の女性に正面衝突してしまい、女性は意識不明となってしまい、9500万円の支払いを命じていきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る