記事の詳細

放送法64条1項について「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置したものは境界とその放送の受信についての契約をしなければばらない。」とあります。
ですので、テレビなどを家に置いている場合には契約の締結義務が発生します。

実はこの法律について最高裁にかかっている事件があります。これは今年の10月に弁論となり、今年中に判決が下されるといわれています。

現在、契約締結義務の合憲性について判断がされます。受信設備を設置していたら受信料の支払い義務が圧制するとのことですが、ワンセグ機能のついた携帯電話は設置にあたるのかという裁判例がいぜんいあり、水戸地裁ではワンセグ付き携帯でも設置にあたります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る