記事の詳細

部屋をかりたが家賃を滞納してしまったといったことや会社で借りていた事務所の家賃を滞納しているといったことが多く有ります。

こういったトラブルに関しては大家さんからの立場になってみると分かりやすいです。
まずは賃貸者契約書といったものがあるかと思います。底には2,3ヶ月家賃を滞納したら契約は終了しますといったことが書かれている可能性が高いです。

しかし、実際には契約の解除にはそう簡単には認められません。裁判所の判例では賃貸人と賃借人との間の信頼関係が破壊されなければ契約は解除できないとされています。
何ヶ月経過すれば契約を解除できるかと言いますと明確には決まっておらずその時の状況で裁判所が判断するといいます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る