記事の詳細

多くの司法書士の先生は稼げていない方も多いといいます。その理由としては多くの顧客が司法書士の先生に何を頼んでいいのかわからないということが原因であると解説されています。
あなたは何ができ居るのかというとこたえることができるのですが、では私に対して何ができるのかと聞きますとこたえることができないのだそうです。

自分がなにができるのかということを新規の顧客に明確に説明することができないのであれば仕事が舞い込むことがないであろうといわれています。

例えば、自分はコンサルタントとして助言できる、企業に必要な書類の助言ができるなどの明確な業務を説明することができればお仕事の道が開けてくるといわれています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る