記事の詳細

登記費用については3種類ありまして、不動産を自分のものにする登記、お金を変えるにあたって、不動産を担保にする登記、新築などを立てるときにこういう不動産ができましたという登記などがあります。

どこかに土地があるとしましてAさんからBさんへ所有者が変更になるとしますと所有権の移転が発生します。

また、その土地に建物が建っていたとします。土地が自分の所有権になったとしても建物の所有権は別の話になってきます。建物もほしいと感じましたら建物の所有権も移転をする必要がありますので、注意が必要です。

不動産を買う場合には銀行からお金を借りて買う場合が一般的で銀行は担保にする手続きをおこない、抵当権の設定を行います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る