記事の詳細

一般的な不動産売買でかかる税金は、例えば1,000万円で購入した不動産を1,200万円で売却できた、つまり利益が発生した場合には利益の200万円に対して税金が発生し、800万円で売れて利益も無かった場合には税金が発生しません。

以上のことを踏まえて相続した不動産の売却には税金はどうなるのかということをご説明します。
通常の場合には購入時の値段が分かりますが、相続の場合には相続登記費用等の諸費用は発生しているものの、不動産自体はタダでもらっていることになります。
そこで他人に不動産を売却するときは相続した不動産の購入代金を算定する必要があります。
基本的に被相続人が購入した金額を引き継いで考えられますが、それが分からない場合は原則として売却金額の5%を購入したときの金額とします。

つまり相続した購入金額の分からない不動産が1,200万円で売却できた場合には、その5%の60万円で購入したとされてしまい、譲渡所得1,140万円に20%の228万円の税金が発生してしまうのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る