記事の詳細

司法書士の勉強は毎日続けていくことが大切ですが、どうしてもやる気の起きない日もあることでしょう。
そうした時に無理に勉強をしても身に付きませんので、たまには適度な息抜きを挟むことも大切です。
また勉強を始めた時はやる気があっても1、2時間勉強をしてると段々やる気が無くなってくるということもあると思いますが、これらは全て「当たり前」と認識することが非常に大切となります。

もちろんやる気が下がったままではダメなので、下がったやる気を再び上げる必要があります。
最初にご紹介した通りに少し息抜きするのも良いですし、ぎゅうぎゅうのスケジュールで学習しているという方は「合格したい」という気持ちになるネタを持っておくと良いでしょう。
この際のネタは「司法書士になって貢献したい」というものでも良いですし、単に「稼ぎたい」「周りから一目置かれたい」というような理由でも構いません。
とにかく「司法書士に合格する!」と強く思えるようなネタを沢山持っておいて、やる気が下がった時に思い出すようにしていってみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る