記事の詳細

司法書士は資格を取ってもあまり稼げないというような情報がメディアで騒がれている時期もありましたが、それはほんの一握りでしかありません。

司法書士になると殆どの方が独立するのですが、合格直後の3年〜5年程度は勤務として経験を積んで行く方が多く、この時期の月収としては大体20万円40万円程度となります。
一方で独立すると個人事業主になり、殆ど経費にすることもできるので、売上が1,000万円あったとしても課税所得を300万円にすることが可能になるのです。

税務署に申告した申告上の収入が300万円だとしても、売上で考えると500万だったり1,000万円だったりしてもおかしくありません。
つまり独立すると節税がしやすくなるため、独立して稼ぐ方が多いのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る