記事の詳細

宅地建物取引主任士、つまり宅建は司法書士試験を受けるにあたりとっておいた方が良い資格になります。

宅建は不動産屋なら持っていて当たり前の資格の1つで、不動産の売買などに役立つ知識を学べます。
司法書士になってからの仕事で不動産の決済を行なうことになると思いますが、この仕事は99%が不動産屋から受ける仕事となりますので、不動産屋の基礎知識として宅建という資格を取得しておくと話がしやすくなるのです。

宅建は民法や区分法などの問題が出題されますが、中でも一番重要なのが宅建業法となります。
他の法律は司法書士試験の勉強でも学ぶので、他の出題範囲が完璧というのなら後はこの宅建業法を勉強するだけで宅建の合格ラインに到達します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る