記事の詳細

賃貸でどこかを借りる時に必ず賃貸契約書を渡されますが、面倒くさいと言って適当に読んだり、全く読まないでそのまま契約してしまうと後に更に面倒なことになってしまう可能性があります。

例えば長く住んでいて更新料が取られてしまう可能性がありますが、契約書に曖昧で明確な値段か記載されていない場合には支払う必要がありません。
しかし「何ヶ月に」「いくらを支払う」とはっきり明確に書かれているのなら支払い義務が生じます。

ただし場合によっては高すぎる金額を提示されている場合もあるので、明らかに高額な請求であったなら法律の専門家に相談してみることをおすすめします。
目安として3ヶ月以上の家賃の請求よりも高い場合には高額請求と認められる場合がありますので、基準にしてみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る