記事の詳細

相続した不動産を売却したいというケースは非常に多いです。
その中でも既に父親が亡くなっていて母親が亡くなった場合、母親の保有している不動産(実家)を子供2人で相続をしたものの、それぞれ既に結婚して自宅を保有しているという事例が多いと言われています。
相続人である子供2人は既に自宅を持っているということで、母親の残した実家である不動産を持ち続けるということはあまりありません。

固定資産税や他の様々負担もあるため、残された不動産は売却することになるのですが、すぐに売るということは出来ないのです。
なぜかというと、まず不動産の名義を母親から2人の子供に移す「相続登記」をしなければなりません。
つまり相続した不動産を売却する為には、まず相続登記をしてから第三者に売却する必要があるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る