記事の詳細

相続手続きには年金関係や保険関係、車の手続きなど沢山の種類がありますが、その中でも相続税、相続放棄の2つの手続きに関しては期限が設けられていますので注意が必要です。

まず相続税に関しては、亡くなられた日から10ヶ月以内に手続きを行なう必要があります。
相続税は一定額以上ではないと課税されないので、全員が手続きをしなければならない訳ではありません。
しかし平成27年1月以降に改正がされたことで、課税対象になる方が増えていますから、対象者は手続きを忘れないようにしましょう。

そして相続放棄に関しても3ヶ月以内に行なわなければならないという期限が用意されています。
相続放棄とは亡くなられた方に財産と借金があり、借金の方が財産を上回っている場合には、相続放棄を検討して申告をする必要があります。
相続放棄をすれば相続人でなくなりますので財産を受け取れませんが、同じく多額の借金を負担する必要も無くなります。
亡くなられた方が最後に住んでいた住所を管轄する家庭裁判所に、郵送でも構わないので早いうちに申請を済ませてしまいましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る