記事の詳細

司法書士はあまり表面に出る事が無い為その特徴を知る人はあまりおらず、どうしても弁護士と混合されがちになってしまいます。
どちらも法律家ではありますがその仕事内容は大きく違います。

司法書士が得意としている業務は実社会において非常に身近なものが多いのが特徴で、中でも土地や不動産の登記に関する事を多く行なっています。
簡単に司法書士と弁護士の仕事の違いをまとめると、弁護士は既に起こったトラブルを如何に依頼人に有利になるように解決させるかという「紛争解決」が仕事ですが、司法書士に関しては法的手続きを事前にやっておく事で後にトラブルにならないようにしておく「予防私法」が仕事となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る