記事の詳細

任意整理とは債務整理とも呼ばれることのあることもあり、一言で説明すると借金を整理をすることを指します。

どのようなことをするかというと、借り入れている金融会社一社一社と交渉を行なって借金を整理します。
自己破産や個人再生手続き、法人再生手続きの場合には裁判所を使って強制的に処理が求められますが任意整理は裁判の外で相談することになるので、もし相談に応じない会社があるのなら、その会社に関しては任意整理が出来ないということになります。

任意整理を進めるのにあたり、利息制限法の計算を行なうのも大切で、これは年利18%を上回る利息を払っていた場合に、その払いすぎている利息を精算する為に必要となります。
基本的にこの利息制限法で計算した元金をメインに交渉を進めていくことになるので、最終的に借金が減る可能性があるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る